勉強をしていたら、ある両生類の特徴について書いていました。それは、カエルでした。カエルは両生類に属します。両生類は約4億年前に初めて陸上生活をした脊椎動物です。卵生で、一般に幼生はえら呼吸で成体は肺呼吸をするそうです。足があるので陸上の移動ができますが、乾燥に弱く水辺を離れては生活ができません。これは皮膚が露出しているためで、分泌腺が多く表面はぬるぬるしています。両生とは、水中と陸上の両方で生活するという意味です。そして、アーヴィン会議という言葉を知らなかったので、調べてみました。アーヴィン会議とは、1990年2月にカリフォルニア州のアーヴィンで両生類の減少に関する初の国際会議が開かれ、世界の広い範囲で両生類の個体数が減ってきていることが明らかになりました。その原因として、酸性雨の影響をはじめ、オゾン層の破壊や気候変動などさまざまな可能性が論じられたそうです。知らないことばかりだったので勉強になりました。
新車藤沢ではここが一番!

 

Comments are closed.

Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.